格安航空券とは

昔のバス

近年は日本にもLCC各社が乗り入れたり、安く旅を楽しむ方が増え、格安航空券という言葉もなじみが深くなりました。 そもそも、格安航空券とはどのようなしくみで販売されているのでしょうか。 通常、航空券は、航空会社から直接購入する普通運賃航空券とPEX航空券、格安航空券に分かれます。 普通運賃航空券は定価ですので値段的には高いのですが、正規の航空券ですので、日程や時間の変更など融通がきくものです。 PEX航空券は、航空会社がシーズンなどによって割引して販売しているものですが、 場合によっては、格安航空券より安い場合もありますので、こちらも格安航空券と呼ぶこともあるようです。 格安航空券は、ツアー会社などが航空会社からツアー用として安い値段で買った航空券をバラ売りしているものです。ツアー用の価格設定のため、安く買うことが可能なのです。

そんな格安航空券を上手に利用するには、どうしたらよいのでしょうか。 まず、格安航空券は安いかわりに、日程や時間の変更ができないことがほどんどですので、日程を確定します。 ルートについても変更出来ない場合が多いので、確実に決めてから購入したほうが良いでしょう。 また、直行ではなく、乗り換えなどがあってもかまわない場合、さらに安くなる可能性が高くなりますので、そういった点も考慮してみると良いのではないでしょうか。 購入に際しては、旅行代理店の店舗やサイトから行えます。 最近では、いくつもの代理店の価格を比較出来るサイトまであり、とても便利になりました。 ぜひ、格安航空券を上手に利用して、お得に、楽しい旅をしてみてください。