ホテルの利用方法

夜の大阪の風景

最近はホテルの値段もかなり安くなっております。駅前のビジネス仕様のホテルなどでは、一泊4000円から、などという看板もよく見かけるようになっています。特に、都市部ではその競争が激しく、6000円までに設定しているところが多くなっています。基本的には、サラリーマンは会社のお金で宿泊することになりますが、その際の出張費には、すべてひっくるめて出張費として渡されるタイプと、実費を払うというものがあります。その他、朝食の料金について、規定のあるなし、など様々です。こういった事情を考慮して、ホテル側もサラリーマンたちの得になるように、ちょっとでもお金が浮くような、様々なプランを設定して、集客をしています。

最近、サラリーマンが気軽に利用できるビジネスホテルが増えてきています。昭和の時代には、夜開いている店も無く、泊まることが無ければ、路頭に迷うほどでした。そのため、価格も一泊1万円といった設定も珍しくありませんでした。それが、バブル期にはその様相も変わってきました。深夜遅くまで開いている店が多く出現し、中には朝まで営業している店も増えたことで、ホテルに泊まる必要もなくなってきました。それでも、バブル期ということもあり、夜間で歩く人の数は減ることはなく、価格は下がることはありませんでした。しかし、その後、デフレ経済に突入した結果として、サービスを必要最小限の機能に絞ることで、より安く泊まることができるようなホテルが出現し、5000円を切るような施設が珍しくなくなりました。